夢を描くお手伝い・それがトップハウザーササキの仕事です

施工例 37:構想を形にする家づくりが楽しくなる和モダン

石目調の二種類の外壁で張り分けらた、一風変わった外観の平屋。
緩い勾配の片流れ屋根をパラペット(外壁の立ち上がり)で一部囲った斬新な設計。玄関前のダークブラウンの可動格子は、道路からの視線への配慮と色彩のアクセントを兼ねています。

玄関と廊下は一般的な照明器具を全て排除。
コーニス照明(間接照明の取り付け方法の一種)とニッチライトで明るさを賄い、間接照明のみのすっきりかつムードあるエントランスを実現しました。LDKやトイレにも様々な種類の間接照明を設置しており、そこから放たれる柔らかい光は日々の暮らしを穏やかで心休まるものにしてくれることでしょう。

LDKは24帖のフローリング部分に加え、6帖の小上がり和室が隣接する広々空間。 目を引く木質の下がり天井は、安易にパネリング材(壁・天井用の木の仕上げ材)は使用せず、品の良い木肌の板材をチョイス。和モダンのコンセプトに相応しい、落ち着いた印象に仕上げました。

LDKと小上がりの前には黒い大理石調タイルと白い玉砂利で仕上げられた広縁が。
その光景はまるで、素材としては室内に用いられることが稀有な彼らが、床材の本栗の豊かな木目に対して静かな主張を試みているよう。三者が生み出す拮抗が、リビングスペースにより上質な雰囲気を与えてくれました。

こちらの施主様からは多種多様なアイディアを頂きました。中には今までコストや実用性の是非により採用に至ったことはなかった納まりやデザインもあり、それらを次々と実現して頂きました。構想が形になるのは誰しもが嬉しいもの。楽しみながら家づくりをしたい方にはぜひ参考にして頂きたい作品です。

所在地 気仙沼市水梨子
延床面積 延40.45坪 仕様 2LDK+小上がり和室

次のページ< 施工例TOP >前のページに戻る